悪徳

ロイヤルホースインベストは名前変えてきましたね。

新たなコメントありがとうございます
お名前がありませんので、名無しさんということで。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  • 2010年09月15日 17:04
  • 完全に悪徳です。
    無料情報も外れっ放し。
    厳選投資情報でも4戦4敗、あっという間に十数万飛んで行きました。
    **という担当者曰く、的中率はVIP情報が100%、厳選投資情報が50%いかないくらい、無料情報で30%いくかいかないくらい。
    別の日に**という担当者曰く、的中率はVIP情報が100%、厳選投資情報が60%〜70%、無料情報で40%〜50%くらい。
    今までの皆さんの書き込みを見ると、嘘だということが明白ですな。

    情報によって的中率が違うのは、情報の出所がまったく違うからだそうだが、
    出所を変える意味がわからない。

    更に別の日に、**という担当者から電話があり話しをしたが、
    VIP情報を提供するに当たり、情報提供元の馬主との契約が必要で専用のID発行と
    契約書作成に20万円、情報料が30万円だと言われたが、掲示板を事前に見ていたので
    資金がまったく足りないことを理由に断った。

    契約書は紙で発行せずに、スイスのサーバに保管するんだそうな。
    理由を訊いたら、情報漏洩しないようにするためだそうで、
    紙で発行したら情報漏洩する可能性があるが、スイスが永世中立国であることと
    万全のセキュリティ対策を施したサーバを用意してあるから、
    サーバに保管することが情報漏洩対策になるということだった。

    20年以上IT業界でシステムエンジニアを経験している私に言わせれば、
    ちゃんちゃらおかしい話だ。

    セキュリティ対策が万全と謳っていても、100%ということは現実には有り得ない。
    限りなく100%に近いセキュリティ対策は実現可能かもしれないが、
    どこかに人間が関与する以上、絶対は「ない」。
    しかも、サーバに置いていたら、万一の場合は全世界に漏洩する危険があり、
    紙媒体での漏洩に比べたら遥かに危険性は高い。
    スイスにあるサーバだろうが、場所はどこでも関係ない。

    契約書が紙媒体で存在しないということも、社会通念上有り得ない。
    スイスのサーバにログオンして見れるようになっているのかもしれないが、
    画面を印刷すれば結局紙媒体と同じじゃないか。
    仮に印刷できないように対策を施してあったとしても
    画面をデジカメなどで撮影すれば結局変わりない。

    そもそも、私と馬主の個人契約をどうやって契約するのか。
    通常、契約書には印鑑またはサインが必要だが、
    紙の契約書が存在しなければ印鑑をどうするつもりだ。

    担当者と話しをすればするほど突っ込みどころ満載だ。
    こりゃあ自ら墓穴掘ってますな。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
すごいですね、契約書に20万とは、
とにかく取れるなら取れるだけ取ろうという魂胆が見え見えですね。

絶対の骨までしゃぶられちゃいますね。
こわい世の中です。

紙で出さないのは単に証拠を出したくないだけですね。
でもそんなのも彼らに取っては、関係無いことなのかもしれません。

本当に詳細コメントありがとうございます。


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。